2024年6月16日

<第1003話 No Rain No Rainbow>

こんばんは♪

今日は、父の日ですね。

毎朝、お茶とお水と線香を本堂内で7箇所、外の境内地で9箇所くらい供養しています。

今朝、門のお地蔵さまのところで、供養していると、遠くから20代の男性が

「おはようございます!」と声をかけてくれました。

とても清々しい声で、こちらも気持ちよく「おはようございます!」と返しました。

そのまま通り過ぎるのかなぁとおもったら、立ち止まって

「この掲示板、誰が書いているのですか?」と聞いてきましたから

「私です」と答えると

よく見ているんですよ!今週のこれ、すごくいいです。

と。

僕が5才の時、父の日に お父さんと虹を見たのを想い出しました!!

あの時も雨だったし、今日も雨だから、

すげーっとおもいました。ありがとうございます、これからも楽しみに見ます! と。

何か、私もうれしくなりました。

時々、歩く足をとめては、該当掲示板を眺めてくださる方がおられます。

毎週、毎週、言葉を考えて、張り出すのですが、近所の方が前を通られるとき少しでもホッとして

温かい気持ちになってくだされば、と願っていますから。

その青年の顔と言葉は、私にとって、ご褒美でした。

No rain No rainbow

雨が降らないと、虹がかからない。

ハワイの言葉ですが、、、

涙の雨を流したあとに、心にさわやかな虹がかかる!

辛いことがあっても、そのあとには、きっとアナタの人生を豊かにしてくれる心が育っているはず。

さぁ、涙を拭いて、空を見上げましょう!

今週も、お元気で!

けいくう

☆☆

末は救いの 海に入る 今は涙の 川の水 みちびくみ手の さすかなた 希望の未来 かがやけり

身にふるかかる 悲しさも 生かして生きる 信の道 落ちる水でも 発電機(ダイナモ)に かかり電気に よみがえる

              (田中木叉上人道詠) 

今週の掲示板は、ちなみにこれです。