2022年7月更新

井上 考史(いのうえ たかふみ)さん

垂水で活動しているので、啓空住職のお顔と名前は以前から存じておりました。
平成30年に母 京子が旅立った際、啓空住職に葬儀をお願いしました。
葬儀のあと、母が「すぐそばに居てくれている」という言葉をもらい、それが悲しさから立ち直る心の支えになりました。
故人を偲ぶことの大切さも教えて頂いています。
毎日、家内と幼稚園に通う娘と三人で、仏壇に手を合わせています。

啓空より〜

井上さまは、2007年より垂水でシェアハウスを経営され、今では5軒になっています。
もともとお母さまのお住まいを改良されたことがきっかけです。
垂水を元気な町にしようといろいろなイベントを企画し、活動されているステキな方です。

井上 考史(いのうえ たかふみ)さん