2021年5月更新

「気・剣・体」を一つに

剣道を指導していまして、初めに子供達に伝えるのが
「気・剣・体」の一致です。

気合いを入れて、大きな声を出して「面〜っ」と打っているか。
言った時に、ちゃんと竹刀が相手の面のところにきているか
そして、その時に足が同時に踏み込めているのか。

気合いと、太刀筋と、体の使い方、
その3つが一致してはじめて有効な打突となります。

だんだん熟練になって参りますと、気合いを入れたときに、
自分の想いをお腹の中にぐ〜っと貯めていきます。

それを「面」という声とともに相手に伝える。
自分の想いを相手に伝える、そういう技ができると、5段くらいになります。

実際の生活では、どういう気持ちで物事をなさっていますか?
実際に行動に移しておられますか?
そのタイミングは今ですか?

そういうことを振り返って、きちっとできていれば、
あなたのまわりの人がしあわせに、そして笑顔が広がる。
そういう暮らしが実っていくと思います。

生活の中にも「気・剣・体」の一致をお勧め致します。

3回目の緊急事態宣言が発令されまして、
寺での飲食は、もう少しご遠慮させていただいております。
日曜日ごとの念仏会も致しますが、8時開催となります。

どうぞお気をつけてお参りください。
お待ち申し上げます。